う蝕治療でも必要な際には使用しています。

根管治療の時のような根管への感染防御のためではなく歯質と修復材との接着性を得るためにドライで綺麗な環境確保に使用する事があります。

特に,下顎臼歯部で唾液コントロールが困難な際には有効です。

*ただし、器具の挿入具合などの理由でラバーダムを使えない場合には他の防湿方法で行っています。

 最近ニーズが高まったセラミックス・ハイブリッドセラミックス系インレーの合着時に使用するレジン系セメントには完全な防湿と表面処理のステップワイズの処置が重要になります。その際接着面が汚染される可能性がある際にもラバーダム防湿を使用しています(汚染されない場合には使用しません)。術後疼痛を誘発するマイクロリーケージを防ぐためには有効な方法です(ペーパーポイント)。

金属インレーやコンポジットレジン下に虫歯ができたモノの充填し直しをした症例(処置前)

ラバーダム防湿法で術野が唾液や血液に汚染されることなくボンディング剤の接着性が発揮されたコンポジットレジン充填、これで良い予後が期待できる。(処置後) 

接着が不完全では,後に歯質とコンポジットレジンの間に隙間が生じ細菌の侵入を許します。つまり歯の寿命を縮めるリスクが高くなります。

このように修復治療でも歯内療法ほどの絶対的必要性はありませんが唾液が接着面を汚染する可能性を回避するために使う事があります。

*コンポジットレジンなど修復処置(虫歯の詰め物)では隔壁などの器具装着の都合上ラバーダム防湿法が使用できない状態もあります。この場合は他の簡易防湿法で行います(ニッケルチタンファイル)。